28歳になりました

8月17日に28歳になり、おかげさまで、一年間無事に過ごすことができました。

27歳をふりかえるとチャレンジをした年だったと思います。
特にRuby方面によく顔を出したりしていたので、Rubyistの方々には大変お世話になりました。今年もよろしくお願いします。

27歳はあまり発表をしない年だったので、今年は発信を積極的に行っていきたいと思っています。
公私共に記録に残る年にしていきたいです。

wishlistを公開しておきます。
https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/3QXSVDMVJ3R5P/ref=cm_wl_rlist_go_o_C-1_d?_encoding=UTF8&layout=standard&sort=priority

rspec

今日後輩になぜletを使うのですか?インスタンス変数で同じことできるのになにがいいのですか?と質問を受けて知識不足なためこまってしまった。
私は、遅延評価、スコープみたいなワードを絡めつつよさを説明したのだがうまく理解してもらえなかったみたい。
コードが短くなる(@がなくなる)のは自明なため説明からはずしたのだが、どうもコードが一文字減るという説明も有効だったみたい。
人に説明するって難しい。

Funtoo で日本語を入力できるようになりました

いろいろとやりかたを書いたけど消えてしまったので、また今度書きます。
今はSKKで快適に日本語を入力しています。

日本語を入力するためのヒント
```
$ sudo emerge -av uim imsettings && imsettings-switch uim
use flag +skk
$ uim-pref-gtk3
```

RubyKaigi2013 1日目and Sikachu meetup に参加してきました

## RubyKaigi2013

英語でのセッションを聞いていたのですが、私の英語力では半分位しか理解できず残念な思いをしてしまいました。英語の聞き取り力をアップさせてもっと楽しめるようになりたいと思った一日です。

セッションの内容として印象に残っているのは

  • 'The Future of JRuby?' - Thomas E. Enebo, Charles O. Nutter
  • 'Ruby 'root'' - SHIBATA Hiroshi
  • 'You have to test multiple versions of your gem's dependencies. You used Appraisal. It's super affective!' - Prem Sichanugrist
  • 'RubyJS ' - Sebastian Burkhard

でした。@sikachuさんのトークはとてもよくてgemがとても便利そうだなーと思いました。

## sikachu meetup

@sikachuさんを知っていたわけではないのですが、@komagataさんに会いたがために参加しました。(すみません。)それでも様々中とお話できて参加してよったです。今日少ししかお話できなかった人とは明日以降のRubyKaigi2013でお話したいなーと思っているので、がんばって話しかけようと思います(人見知り)
会場提供してくださったEYさんありがとうございました。

Shinjuku.rb #16

初参加してきました。
extreme fish bowlを中心な感じでした。印象としてはcodeを見ながら議論できる感じでとても面白い感じでした。
お題が自動販売機なのですが、一ヶ月に一日しか見ないだと厳しいなーというのはあるのですが、code量的にも少ないのでその場で見てなんとかなるかーという感じでした。

個人的にはextreme fish bowlのなかで一番斧を投げた回だったので、成長したものだなーと思う会でした。
来月もできれば、参加したいです。

懇親会も楽しかったです。

asakusa.rb 第208回

今日はお腹が空き過ぎていたので、@a_matsuda さんと井泉でカツサンドを買って参加。
先日(今更)買ったメタプログラミンRubyを読む日にしました。今日が火曜なので火曜まで終わらしたいなーと思いつつも火曜日に入ったくらいで、時間がきちゃったので、家に帰ってからも少し読みすすめて火曜日を読み終えました。(既に水曜ですが...)

あとは@randym さんに mountable engine 使ったことあります?って聞いたらactiveadminとかrails_adminを参考にしたらいいよと言われたので手元に持ってきて参考にできる状態にしてみたりしました。
と言う話を帰りに@a_matsuda さんにしたら、「いや、erdがねー...」という話があったので、erdも手元に置いて、参考にします。

あまり詳しい人がいなさそうなので、mountable engineに詳しくなってなにか発表することが、今の野望です。